ニキビ跡消す > ひどいニキビ跡を消すのは皮膚科で相談

ひどいニキビ跡を消すのは皮膚科で相談

ニキビの症状が悪化しているときは皮膚科に行くのも良い方法です。 薬を買ってきて、極力ニキビに触れないようにしてという自己流の治療でも治る事も多いのですが、晴れている面積が広かったり、赤みがひどかったりという場合は自己流だとかえって症状を悪化させてしまうことにもなりかねません。
ニキビのエステ、おすすめは?

皮膚科の病院に行くと適切な治療方法を教えてくれたり、あなたの症状に合った薬を処方してくれるので、治りは早くなる場合が多いです。 処方される薬に多いのが、塗り薬、洗顔のための石鹸、漢方薬などといった薬です。

これらは全て役割が異なるので全てが処方される事もありますし、どれかが選び出されて処方される事もあります。

まず塗り薬ですが、これは単純で、直接ニキビの患部に塗ることで炎症を抑える働きがあります。 市販の薬よりも効果が高い事も多いので、病院で貰うメリットはあると言えるでしょう。ニキビに塗る際は清潔な手で塗るようにすると良いでしょう。

二つ目の洗顔石鹸は肌の環境を整えるためのものです。 病院で出されるものなので、薬用石鹸という感じのもので、肌に余計な負担がかかならないようにするためのものです。

肌の脂分や汚れを落としつつ、荒れた環境を改善できるようになっています。 三つ目の漢方薬は顔の症状なのになぜ、と思う方もいるかもしれませんが、ニキビの症状は体内の異常が体の表に現れたという場合もあるのです。 そのため、体質改善という意味で処方される事があります。

漢方薬は即効性がなく、目に見えた症状の改善には繋がりにくいですが、長い目で見て、今後ニキビができにくい肌作りをするのにとても効果的です。 継続しないと意味がないので、処方された時は飲むようにすると良いでしょう。

費用的には病院に行くのは市販の薬を買うよりも高くなってしまうかもしれませんが、きちんとした処置をして貰える事を考えると、良い対策方法でもあります。 症状を確認して検討してみる事をお勧めします。


ニキビと乾燥の関係について

ニキビのできやすくなる原因の一つとして、乾燥があります。 乾燥は肌にとって大敵と言われていますが、ニキビもできやすくなってしまいます。 肌の乾燥を防ぐために行う必要があるのは保湿です。 保湿を定期的にきちんと、しっかりと行う事が乾燥しない良い肌作りに大切です。

気をつけたいのが基礎化粧品選びです。 基礎化粧品にはさっぱりとしっとりの2タイプがある事はよく知られています。 人それぞれ肌に合わせて選べるようになっています。

これはよく考えずに選んでいると実は肌の乾燥に繋がってしまっているというケースも多いです。 特にさっぱりのタイプを選ぶ事が多い方は保湿力があまりないので、こればかりを使っているとかさかさした肌になってしまう事があります。

また、もうひとつ気を付けたいのが化粧品。 こちらも最近多い美白効果のある化粧品は、保湿力が弱い化粧品が多いです。 一長一短という事かもしれませんが気に入って使っている方は保湿も意識しましょう。

夏場はベタつくのが嫌だからという理由で、保湿液や乳液といった保湿のためのステップを飛ばしてしまう方も多いと思います。 夏場でも、実は気付かないうちに肌が乾燥していたという事は多く、ニキビができているときは乾燥が原因である事もあります。

適度に保湿しておく事はとても大切です。 保湿液や乳液の量を調整して、ベタつかないようにしましょう。 逆に冬は付けすぎないよう注意しましょう。

乾燥すると肌の表面には角質層というものがあり、一枚一枚タイルのような形状をしていて皮膚を覆っています。 保湿がしっかりされていると、適度なハリと柔らかさで皮膚をきれいに保ちますが、乾燥してくるとパリパリになり、毛穴がふさがれやすくなってしまいます。

そうすると汗や皮脂がしっかりと発散されずに皮膚の表面に残りやすくなり、細菌も繁殖しやすくなるためニキビに繋がります。 十分気をつけて保湿を行い、乾燥を防いでいく事をお勧めします。


ニキビと睡眠の関係

ニキビのできる大きな原因の一つに睡眠不足があります。 他の色々な病気も引き起こす睡眠不足ですが、どうして病気になりやすくなるのでしょうか。

理由は2つに分けられます。 まず一つ目は生活のリズムが狂ってしまうという事です。 夜遅くに寝たり、時には少し早かったりという不規則な生活をしていると、人には体のリズムがあるため、それが安定しなくなってしまいます。 体調も崩しやすくなりますし、肌や皮膚の環境も荒れやすくなってしまいます。

もうひとつは体が十分に回復しないという事です。 体は毎日体力を使っています。 仕事や学校など、人によって生活は様々ですが、多く時間を割いて行っている事があるはずです。

人は活動するためにはエネルギーが必要なので、気付かないうちに、沢山のエネルギーを消費して疲れが溜まっているという事も多いです。 楽しい事をしている際は疲れにくいのですが、特に仕事でストレスを感じていたりすると、エネルギーの消費も大きくなります。

この消費されたエネルギーを回復するのに大切なのが睡眠なのです。 寝ている間に体を休ませ、人は傷ついた部分を自己修復の機能によって治しているのです。 そのため、睡眠時間をしっかりと取らないと十分に体が休まらず、体も回復し切らないうちに次の日を迎えることになってしまいます。

そうすると更に疲れが蓄積され、肌へのトラブルにも繋がりやすくなるのです。 こちらも仕事で朝早く、夜遅い方は気をつける必要があります。 ですので、できるだけ規則正しい睡眠をとる事、そして時間もしっかりと確保する事を心がけましょう。

時には仕方がない時もあるかもしれませんが、そのしわよせがどこかで来る事になるので、注意しておきましょう。 また、睡眠時間は多ければ良いというものでもありません。

もちろん体力は回復しますが、普段起きている時間に寝ている事で生活リズムを狂わせてしまうため、あまり良くはありません。 あくまで規則正しくを心がけていきましょう。